ズキガードの実体験レビュー!画像付き

 

ズキガード

 

私はもともと偏頭痛持ちなのですが、パートで仕事を始めてからはますます頭痛の頻度が多くなりました。

 

ズキズキとした痛みに耐えられない時は、市販の痛み止めを飲むと痛みが軽くなります。

 

でも、毎回薬を飲んで痛みを抑えていると、そのうち体が薬に慣れてしまいそうで不安……。

 

薬に頼らないで偏頭痛を緩和する方法を探してみたところ、フィーバーフューというハーブが偏頭痛に効くんだとか。

 

早速ハーブティーについて調べてみたところ、「フィーバーフューのハーブティーは美味しくない」という口コミが多くて、私は毎日飲むのは無理かも。

 

無理なく毎日続けられるものがいいので、『ズキガード』というフィーバーフュー配合のサプリを試してみることにしました。

 

 

ズキガード

 

ネットで注文すると、数日でズキガードが届きました。

 

茶色の紙袋と和柄の紙ラベルが漢方薬のように見えて、レトロなデザインが良い感じ。

 

ズキガードの袋は小さめで、スマホと並べてみると同じぐらいの大きさです。

 

スマホと同じサイズで厚さもスリムだから、バッグに入れて持ち歩けるのが良いです。

 

 

ズキガード

 

フィーバーフューに含まれているパルテノライドという成分が、偏頭痛に効果があるとのこと。

 

パルテノライドには血の流れを良くする働きがあるので、ズキンズキンとくる激しい痛みを伴う偏頭痛だけではなく、生理痛などにも効果が期待されているんですって。

 

フィーバーフューのサプリメントを選ぶときはパルテノライドの配合量も重要なんだとか。

 

痛みに効く成分パルテノライドの配合量は最低でも0.2%以上必要なんだそうですが、ズキガードならパルテノライド0.7%の高配合。

 

ズキガードには、頭痛を和らげるため一番欠かせない成分、マグネシウムとカルシウムも入っています。

 

マグネシウム不足を補うだけでも、辛い偏頭痛を和らげる効果があるんですって。

 

 

ズキガード

 

ズキガードを開けて匂いを嗅いでみると、なんだか果物のような爽やかな香り。

 

ズキガードのホームページで確認してみたら「青リンゴの香り」でした。

 

リンゴの香りには、頭痛のズキズキした痛みに効果があるんですって。

 

偏頭痛に効果のあるアロマオイルを調べてみたところ、ユーカリやレモンなどの爽やかな香りに鎮痛作用と血圧降下作用があるんだとか。

 

アロマオイルの鎮痛効果を知ると、ズキガードの爽やかな青リンゴの香りも、痛みに効果がありそうです。

 

 

ズキガード

 

ズキガードは、平たく薄い錠剤タイプ。

 

1粒が小さめだから、錠剤を飲むのが苦手な人でも水と一緒なら無理なく飲めそう。

 

ズキガード1粒を手に乗せて匂いを確認してみると、ほのかに青リンゴの香りがします。

 

ズキガードの味が気になるので1粒を口に含んでみたら、微かに青リンゴの風味が口に広がるような。

 

香りも味も軽く爽やかな感じなので、私は飲みやすいと思いました。

 

 

ズキガード

 

ズキガードは1日3粒が目安とのこと。

 

ズキガードの飲み方は特に決まっていないようですが、マグネシウムが入っているサプリメントは食後に飲むのがおすすめなんだとか。

 

空腹時にマグネシウムを摂ると胃が重く感じることがあるんですって。

 

私は夕方にズキズキと脈打つ感じで痛み出すことが多いので、朝食後と昼食後にズキガードを飲むことにします。

 

自分なりに飲むタイミングを考えて、なるべく偏頭痛を予防できたらと思います。

 

 

ズキガード

 

以前はパートを終えて帰宅して、夕方くらいからズキズキ痛みだすのがとても辛かったです。

 

こめかみ付近に激しい偏頭痛が起こると鎮痛剤を飲んでもすぐには効かず、吐き気が起こることもありました。

 

そんな状態でも子供の習い事がある時は、痛みを誤魔化しながら子供を送り迎えをするのが大変で……。

 

ズキガードを飲み始めて2週間。

 

あれだけ頻繁に起こっていた偏頭痛の回数が驚くほど減りました。

 

頭の痛みを抱えたままでの車の運転は本当に怖かったので、頭痛のない生活はとても嬉しいです。

 

今までは眉間にしわを寄せて不機嫌そうな顔をしていることが多かったですが、「お母さんが優しくなった」と子供たちも喜んでいます。

 

ズキガードを飲んで頭痛予防の効果を実感しているので、これからも続けてようと思います。

 

 

ズキガード

 

>> ズキガードの商品詳細・限定キャンペーンはこちら