特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

ゾーミックの配合成分・効果効能・副作用

 

偏頭痛に効果的な「ゾーミック」のご紹介です。

 

偏頭痛とは、脈を打つようにジキンズキンとこめかみ辺りから激しい痛みが起こる頭痛のことをいいます。

 

偏頭痛が起きている時は、光や音にとても敏感になりがちです。

 

酷い症状の場合は、激しい頭痛に加えて吐き気や嘔吐が起こる場合があります。

 

偏頭痛が発生する原因はまだ詳しくは解明されていません。

 

しかし、考えられるものとして、脳内の血管が拡張することで頭痛が起こるとされています。

 

その際に、神経伝達物質である「セロトニン」の働きが重要になってきています。

 

セロトニンとは、アミノ酸のトリプトファンから作られる有機化合物です。

 

私達の脳内、血清、胃粘膜に多く存在し、神経伝達や怪我をした組織の血管収縮の働きをしています。

 

セロトニンの濃度が高くなると「セロトニン症候群」を引き起こすことがあります。

 

症状は、頭痛、めまい、嘔吐などがあげられます。

 

ゾーミックはセロトニンが作用する「セロトニン受容体」に直接働きかけ、拡張してしまった血管を収縮させ、偏頭痛を和らげる働きがあります。

 

また、脳に存在する三叉神経にも働きかけることがわかっています。

 

偏頭痛が起こる際に、何らかの原因により三叉神経から血管拡張に関わる物質が放出されています。

 

これによって、炎症が起こってしまい、炎症が広がっていくことで更に血管が拡張されてしまいます。

 

この時、刺激が脳に伝達され、偏頭痛として激しい痛みが起こってしまうのです。

 

ゾーミックは三叉神経に作用し、炎症を引き起こす物質の抑制をしてくれます。

 

ゾーミックは一般的な鎮痛薬と異なり、単に痛みを感じにくくさせる為だけのお薬ではありません。

 

偏頭痛の状態を直接改善させてくれるので、強力に偏頭痛の症状を抑制する事が可能です。

 

服用は、偏頭痛の症状が現われた初期の段階で服用することが望ましいですが、症状が現われた後に服用しても効果を発揮してくれます。

 

ゾーミックは第2のトリプタン系薬と呼ばれています。

 

普通錠もありますが、水なしで服用出来るものもあり、どこでも直ぐに服用出来るという利点があります。

 

ゾーミックの副作用は以下になります。

 

・狭心症、心筋梗塞などの心臓異常

 

・アナフィラキシー、ショック

 

・てんかん様発作

 

・めまい、ふわふわ感、眠気、倦怠感

 

・胸や喉のつかえ感、圧迫感、肩こり、体の痛み

 

・吐き気、口内乾燥

 

・動悸、一過性の血圧上昇

 

・蕁麻疹、発疹

 

ゾーミックを服用後に回復したあたりでワインやチーズ、チョコレートを飲食すると、偏頭痛が再発されてしまうようなので注意してください。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?