特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

サリドンAの配合成分・効果効能・副作用

 

頭痛薬である「サリドンA」についてご紹介していきます。

 

サリドンAは第一三共ヘルスケアから販売されているお薬です。

 

サリドンAの主な成分は、イソプロピルアンチピリン(ピリン系)、エテンザミド、カフェイン水和物の3つです。

 

イソプロピルアンチピリンは、現在唯一OTC医薬品で使用されているピリン系解熱鎮痛成分です。

 

というのも、以前アミノピリン等のピリン系成分も市販されていましたが、アンプル入り風邪薬によるショック等の重篤な副作用の発生が起こりました。

 

また、「ピリン疹」と呼ばれる薬疹も多く報告されてしまい、いくつかのピリン系成分は使用されなくなってしまいました。

 

その中でイソプロピルアンチピリンは、ピリン系の中でも副作用頻度が低いため、唯一使用されているというわけです。

 

解熱鎮痛作用は比較的強いものになっており、特に中枢性に作用しやすいと言われているので、頭痛には効果的です。

 

その反面、抗炎症作用は弱いとされています。

 

イソプロピルアンチピリンは単独で使用するよりも、他の解熱鎮痛成分と配合すると、より一層効果を発揮しやすいものになっています。

 

同様にエテンザミドも解熱鎮痛効果を持つ成分になっています。

 

エテンザミドは脳の脳幹にある体温調節中枢に作用するので、発熱すると解熱作用を発揮してくれます。

 

痛覚中枢の興奮を抑制する鎮痛作用もあるので、頭痛などにも効果的です。

 

アスピリンと同様の働きをしますが、アスピリンに比べて胃腸障害の副作用は弱いです。

 

エテンザミドはアスピリンと違い、体内でサルチル酸に変化しないので、胃腸障害を引き起こすのが低いといえます。

 

イソプロピルアンチピリンとエテンザミドに加えて、これらを手助ける成分としてカフェイン水和物を配合しています。

 

カフェイン水和物は名前の通り、私達が知っているカフェインと同じ働きをします。

 

中枢神経系を興奮させ、精神機能が亢進します。

 

眠気や疲労回復に働きかけ、偏頭痛などの治療に用いられることが多い成分です。

 

サリドンAの副作用は以下があげられます。

 

・発疹、痒み、発赤

 

・吐き気、嘔吐、食欲不振

 

・めまい

 

重篤な副作用が現われる場合は以下のような症状になります。

 

・アナフィラキシー

 

・皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症

 

・肝機能障害

 

・喘息

 

・再生不良性貧血

 

副作用の心配がある方は薬剤師の方に相談した上で、服用することをおすすめします。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?

 

ズキラックの特徴

フィーバーフュー・マグネシウムをはじめとする8種類の成分を配合したサプリ。大豆イソフラボンとチェストベリーエキスが配合されており、女性ホルモンのバランスを整える働きも期待できます。さらに、桂皮・シナモン・冬虫夏草の3種類の漢方成分が、体質改善をサポート。血栓を予防する働きのあるフランス海岸松エキスも配合されており、偏頭痛のみならず緊張型頭痛にもしっかりとアプローチしてくれます。頭痛だけでなく、PMS(月経前症候群)対策や月経困難症(生理痛)にも最適。初回の注文なら1日当たりたったの99円という圧倒的にリーズナブルなお値段も魅力です。

価格 2,980円
評価 評価5
返金保証 有(10日間)
 
 

ずきしらずの実の特徴

フィーバーフュー・にがり(マグネシウム)・オオイタドリなど天然成分にこだわったサプリ。オオイタドリは「大痛取」という字の通り、優れた鎮痛・抗炎症作用を持つ植物。関節痛のお薬やサプリなどにも配合されています。また、オオイタドリに含まれているレスベラトロールは脳の血流を促進し認知症予防にも良いと言われています。使用者の90%が違いを実感しており、信頼できるサプリメントです。

価格 3,300円
評価 評価4.5
返金保証 有(25日間)
 
 

ズキガードの特徴

フィーバーフューとマグネシウムを豊富に含んだドロマイトを配合したサプリ。フィーバーフューとマグネシウムに特化したシンプルな成分配合です。シンプルな成分配合ながら、痛みの緩和成分パルテノライドを0.7%と高配合。また、偏頭痛の緩和に効果的と言われる青リンゴの香りのする、珍しいサプリです。

価格 3,400円
評価 評価4
返金保証