特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

レルパックスの配合成分・効果効能・副作用

 

偏頭痛の痛みを取ってくれるお薬、「レルパックス」のご紹介です。

 

偏頭痛とは、脈拍に合わせてズキンズキンと激しい痛みが起こる頭痛のことをいいます。

 

男性よりも女性の方が偏頭痛になりやすい傾向があります。

 

偏頭痛が起こると、光や音に敏感になりがちで、時には吐き気や嘔吐を伴うほど酷い場合もあります。

 

レルパックスは、エレトリプタンを成分としたお薬で、トリプタン製剤と呼ばれるお薬の種類になります。

 

レルパックスは、偏頭痛特有の激しい頭痛を改善することの出来るお薬になっています。

 

偏頭痛が発症するメカニズムは、まだ詳しくは解明されていませんが、いくつかの説が考えられています。

 

一つ目は、「血管説」です。

 

偏頭痛が発症している時に、脳の血管が拡張していることが分かっています。

 

これに加え、神経伝達物質の一つである「セロトニン」の働きが重要になってきていることも偏頭痛の特徴といえます。

 

二つ目は「三叉神経血管説」です。

 

三叉神経とは、脳にある神経の一つのことをいいます。

 

何らかの原因によって刺激が加わると、三叉神経から脳の血管を拡張させる物質が放出されます。

 

すると脳の血管が広がってしまい、炎症が引き起こってしまいます。

 

この炎症がさらに広がってしまうことにより、より血管が拡張してしまいます。

 

この時、このシグナルが脳に伝達されてしまうと、激しい頭痛が発症してしまうのです。

 

脳の血管が拡張されることにより偏頭痛特有の激しい頭痛が起こるので、この症状を改善させるには脳の血管を収縮させればいいという事が言えます。

 

その際に重要になってくるのがセロトニンという物質になります。

 

セロトニンは「セロトニン受容体」というものに作用します。

 

セロトニンは血管の収縮に関与しているので、レルパックスがセロトニン受容体に作動することで、血管拡張が抑えられ、片頭痛の痛みが改善すると考えられます。

 

レルパックスは、痛みにくくさせる一般の鎮痛剤とは異なり、偏頭痛の原因に直接作用することから、強力に痛みを抑えることが可能です。

 

服用後はおよそ2時間後に頭痛の改善が見込まれ、素早く頭痛を抑制してくれます。

 

頭痛の他にも偏頭痛による嘔吐や吐き気、音や光に敏感になるなどの症状も和らげてくれるので、生活への影響を軽減してくれます。

 

レルパックスの副作用は以下になります。

 

・狭心症、心筋梗塞などの心臓異常

 

・アナフィラキシー、ショック

 

・てんかん様発作

 

・眠気、倦怠感、ふわふわ感、めまい

 

・喉や胸のつかえ感、圧迫感、肩こり、身体の痛み

 

・吐き気、口内乾燥

 

・ほてり感

 

レルパックスは偏頭痛の予防にはなりません。

 

その為長期での服用は「薬物乱用頭痛」に繋がるので、おすすめできません。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?