特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

ノイロトロピンの配合成分・効果効能・副作用

 

頭痛に効果的なお薬、「ノイロトピン」のご紹介です。

 

ノイロトピンは腰痛症や関節症、神経が傷つくことによって起こる神経痛の症状に高い効果をもたらす鎮痛薬です。

 

一般的な鎮痛薬とは異なり、特意な作用をもつ鎮痛薬です。

 

ノイロトピンの中身は「ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液」と呼ばれるあまり耳にしない、特殊な有効成分が含まれています。

 

私達の体で「痛み」が発生するとシグナルで始めに脊髄に伝達されます。

 

その後、神経を通過し、脊髄から脳へと「痛み」のシグナルが伝達され、痛みの部位や痛みの強さが認知されます。

 

ようするに、「痛み」は脳で感じていることになります。

 

同時に、脳の神経には痛みを抑える神経が存在しています。

 

痛みを和らげる作用をする神経なので、この神経が活性化されれば強烈な痛みを抑えることが可能なのです。

 

この痛みを和らげる神経の事を「下行性疼痛抑制系神経」といいます。

 

下行性疼痛抑制系神経は神経伝達物質の中でも、セロトニンが関わる神経とノルアドレナリンが関わる神経の2つに分けることができます。

 

つまり、この2つの下行性疼痛抑制系神経を強化することができれば、痛みを感じにくくさせることで鎮痛作用を得る事が可能になります。

 

ノイロトピンは、痛みを抑える神経である、下行性疼痛抑制系神経の作用を活性化させる働きがあるので、多様な痛みを抑制させてくれます。

 

病院では外科、整形外科、麻酔科を中心に治療に用いられています。

 

偏頭痛は普通の頭痛と異なり、こめかみ辺りから激しく脈を打つようにズキンズキンと痛む頭痛です。

 

慢性的な頭痛なので、酷い人では生活に支障が出てしまう場合もあります。

 

頭痛だけではなく吐き気や嘔吐といった症状も一緒に現われてしまう人も居ます。

 

ノイロトピンはそんな激しい頭痛を鎮痛するのに効果的です。

 

市販の鎮痛薬では効果のない方はノイロトピンを病院で処方してもらうとよいでしょう。

 

ノイロトピンの効果実感は直ぐに効くものではなく、始めは「効いているのかな?」といった感じです。

 

しかし、ノイロトピンの服用を止めると痛みを強く感じるといった方もいるので鎮痛効果はちゃんとある事になります。

 

ノイロトピンの副作用は以下になります。

 

・だるい、食欲不振、吐き気、発熱、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色になるといった重い肝臓の症状

 

・発疹、痒み

 

・胃の不快感、吐き気

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?