特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

ミグシスの配合成分・効果効能・副作用

 

偏頭痛を予防するお薬、「ミグシス」のご紹介です。

 

偏頭痛とは、慢性頭痛のひとつで、頭部の血管が拡張して炎症が起こることにより症状が現われるとされています。

 

原因はまだ明らかにはされていませんが、ストレスや疲労によって誘発されてしまう他、女性ホルモンの影響によっても引き起こされると考えられています。

 

日本人のおよそ8%の人が偏頭痛に悩まされています。

 

偏頭痛が発症する際に、前兆が現われる場合があります。

 

前兆は、目にチカチカ光るものが現われ、その光で視界の一部が妨げられる「閃輝暗点」の症状が出ることが多いです。

 

時には感覚が鈍くなってしまったり、手足のしびれといった症状が現われるのも特徴です。

 

偏頭痛の痛みはズキズキと脈を打つような強い痛みを伴います。

 

頭のこめかみ辺りから痛みを感じる他、後頭部や頭全体に痛みが発生することがあります。

 

酷い場合は、音や光、ニオイに敏感になってしまい、吐き気や嘔吐を伴う場合があります。

 

痛みの強さは人によって異なり、仕事や学校を休んでしまったり、寝込んで動けなくなってしまう程の激しい頭痛になる人もいます。

 

偏頭痛によって、生活に支障が起こらないようにする為に、ミグシスは偏頭痛の発作症状を予防してくれます。

 

偏頭痛が起こる原因として、脳内のセロトニンの関与が挙げられます。セロトニンが放出された後に分解させるときに血管が拡張されて頭痛が起こるという説です。

 

セロトニンの作用は、脳血管の収縮を行っている物質ですから分解されると血管が拡張してしまいます。

 

また、三叉神経と呼ばれる神経から血管を拡張させる物質が放出されて炎症が引き起こされるという説もあります。

 

両方とも言えることは、偏頭痛は急激な血管拡張によって脳内炎症が起こり、頭痛として症状が現われるという事です。

 

そこで偏頭痛予防として考えられたのが、あらかじめ脳血管を拡張させておくことで、脳血管の収縮や神経の炎症を抑制させる事です。

 

血管が収縮するにはカルシウムの働きが重要になり、血管壁からカルシウムを流入すると、血管が収縮します。

 

なので、血管にカルシウムを流入する過程で阻害することが出来れば、血管は自然と拡張します。

 

ミグシスは、カルシウムの働きを遮断させ、血管拡張作用を行い、偏頭痛の予防をしてくれるのです。

 

ミグシスの副作用は以下になります。

 

・稀ではありますが、重大な副作用として手足の震え、こわばり、無表情、歩行異常、じっとしれられない、舌のもつれなどの錐体外路障害が報告されています。

 

・憂鬱、気分が酷く落ち込む、やる気が起きない、悲観的、不安感、不眠などの抑うつ

 

・眠気、めまい、ふらつき、吐き気、ほてり感、肝機能以上、便通以上、発疹、血圧低下、排尿障害など

 

副作用は少ない方ですが、眠気が起こるので、車の運転や機械操作を行う際は十分に注意してください。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?