特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

ロキソプロフェンの配合成分・効果効能・副作用

 

偏頭痛に効果的な「ロキソプロフェン」のご紹介です。

 

ロキソプロフェンと聞くと初めて耳にする方も多いかもしれませんが、実は「ロキソニン」という名前で商品になっているお薬です。

 

このお薬の働きは、痛みや腫れをなどの炎症の鎮痛作用と、発熱した際の解熱作用を持つお薬です。

 

偏頭痛は、慢性頭痛の一つで、ズキンズキンと脈を打つような激しい痛みが襲いかかる頭痛です。

 

酷い人では吐き気や嘔吐、光や音にとても敏感になるなどの症状も見られます。

 

偏頭痛を始めとする、各体の部位に現われる「痛み」は、脳に危険を伝達するための大切なシグナルになっています。

 

しかし、必要のない時まで体に痛みが現われてしまうと、反対に体へ害が及んでしまいます。

 

そこで、これらの「痛み」を抑制させるお薬として使用されるのが「ロキソプロフェン」です。

 

私達の体では、炎症が起こると「痛み物質」が発生するのがわかっています。

 

この物質が発生しなくては脳に危険信号が行かず、炎症を起こしたままになってしまいます。

 

この痛み物質は「プロスタグランジン」といい、炎症部位から放出されるものになっています。

 

プロスタグランジンが生成されるには「酵素」が深く関わってきています。

 

この酵素を「シクロオキシゲナーゼ」といいます。

 

シクロオキシゲナーゼが作用するとプロスタグランジンが生成され、「痛み」が発生してしまうのです。

 

なので、シクロオキシゲナーゼを阻害し、プロスタグランジンの生成を抑えることが出来れば、抗炎症・解熱・鎮痛効果を得られる事が可能です。

 

ロキソプロフェンは、シクロオキシゲナーゼを阻害させ、プロスタグランジンの生成合成を抑える働きを持ちます。

 

ロキソプロフェンは、ステロイドというお薬の一つで、強力な抗炎症、鎮痛効果に期待できるものです。

 

その反面、ステロイド系のお薬は、胃腸を傷めてしまう恐れがあります。

 

これは、胃粘膜の保護をしているプロスタグランジンまでも抑制してしまう為、胃粘膜の機能が働くなり胃腸障害が起こってしまうのです。

 

ロキソプロフェンの副作用は以下になります。

 

・消化管潰瘍、胃腸出血

 

・肝臓、腎臓の重い症状

 

・重い血液成分異常

 

・重い皮膚粘膜障害

 

・喘息の誘発

 

・心不全

 

・アナフィラキシー、ショック

 

・無菌性髄膜炎

 

・横紋筋融解症

 

・胃痛、腹痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、口内炎

 

・発疹、蕁麻疹

 

・むくみ、肝臓や腎臓の機能低下

 

最も多く見られるのが胃腸症状です。

 

気になる方は医師に早めの相談をしてください。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?