特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

偏頭痛 食べ物

偏頭痛でお悩みの女性は多いのではないでしょうか。

 

いつ偏頭痛になるか分からず、頭痛薬を常に鞄に入れている人も多いと思います。

 

偏頭痛は慢性頭痛の一つになり、頻繁に起こります。

 

ズキンズキンと脈を打つような激しい痛みに襲われ、時には吐き気や嘔吐を伴います。

 

主な原因は頭部の血管が拡張する事で、その周りの神経(三叉神経など)が刺激されることで症状が起こります。

 

血管が拡張する要因は様々で、疲れや不眠、ストレス、女性であればホルモンバランスの乱れなどがあります。

 

症状が重い人は一日中寝込んでしまう人も居るので、生活に支障が出てしまう場合もあります。

 

そんな厄介な偏頭痛ですが、実は私達が日頃口にしている「食べ物」とも深く関わりがある事をご存じでしょうか。

 

偏頭痛に効果的な食べ物もあれば、逆に偏頭痛を誘発させてしまったり、症状を悪化させてしまう食べ物もあります。

 

酷い偏頭痛をお持ちの方は、どの食べ物が良くて、控えた方が良い食べ物は何かをしっかり頭に入れておきましょう。

 

まず、偏頭痛に良いとされる食べ物からのご紹介です。

 

一つ目は、「マグネシウム」を多く含む食べ物です。

 

マグネシウムの作用は、血管を弛緩させてくれる栄養素の一つです。

 

偏頭痛は頭部の血管がパンパンに拡張してしまう状態です。

 

マグネシウムを摂取すれば、パンパンに拡張した血管が緩むので効果的です。

 

マグネシウムを多く含む食べ物は、バナナ、アーモンド、豆類などがあります。

 

二つ目は、「オメガ3脂肪酸」を多く含む食べ物です。

 

オメガ3脂肪酸は、抗炎症作用の強い栄養素として有名です。

 

偏頭痛は、血管の拡張による炎症から起こるものなので、とても有効的な栄養素といえます。

 

オメガ3脂肪酸を多く含む食べ物は、サーモン、イワシなどがあります。

 

三つ目は、「ビタミンB」を多く含む食べ物です。

 

ビタミンBの中でも特にビタミンB2を多く含む食べ物がおすすめです。

 

ビタミンB2は血圧を下げる作用があり、偏頭痛の症状を緩和させる栄養素として有名です。

 

ほうれん草、ヨーグルト、牛乳などに多く含まれます。

 

次に、偏頭痛に悪いとされている食べ物のご紹介です。

 

一つ目は「ポリフェノール」を含む食べ物です。

 

ポリフェノールは、血管を拡張させる作用があります。

 

血管が拡張することで偏頭痛が起こるので、それを促すことになってしまいます。

 

代表的な食べ物は、赤ワイン、チョコレートなどがあります。

 

二つ目は、「チラミン」を多く含む食べ物です。

 

チラミンは、一旦は血管を収縮させる作用があるのですが、その作用が切れた後に、反動で血管が拡張してしまいます。

 

この反動により、頭痛が起こりやすいということで有名です。

 

チラミンを含む食べ物は、玉ねぎ、チーズ、チョコレートなどがあります。

 

三つ目は、「グルタミン酸ナトリウム」を多く含む食べ物です。

 

グルタミン酸ナトリウムと聞くと分からない人も多いかもしれませんが、旨味調味料の成分になります。

 

料理をする際によく使われているかもしれませんが、この成分が血管を拡張してしまいます。

 

グルタミン酸ナトリウムは、スナック菓子やカップ麺に多く含まれます。

 

以上が偏頭痛に良い食べ物と悪い食べ物です。

 

悪いとは知らず、多く摂取していたかもしれませんね。

 

偏頭痛が起こりやすい人は、悪い食べ物を控えて、良い食べ物を積極的に摂取してみてください。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?