特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

偏頭痛 治し方

ズキズキとこめかみあたりが強い痛みに襲われる頭痛が、偏頭痛といいます。

 

偏頭痛は慢性頭痛の一つで、なんとおよそ840万人もの人がこの偏頭痛に悩まされているといいます。

 

若い方から年配の方まで幅広く発症します。

 

繰り返し起こる偏頭痛なので、いつなるかもわからず、一度痛みが現われると、寝込んでしまう程辛いものになっています。

 

偏頭痛の前兆は、痛みが始まる30分から数時間前程から、目の前がチカチカしたり、視界が見えにくくなるなどの症状が現われます。

 

この症状を訴える人は20%~30%程です。

 

前兆が現われず、突発的な痛みに襲われるケースもあり、酷い場合は吐き気や嘔吐といった症状も併発します。

 

偏頭痛の原因は、未だはっきりとは解明されていませんが、頭部の血管が拡張することで起こると言われています。

 

偏頭痛が起こってもおよそ70%以上の人が「病院へは行かない」そうです。

 

しかし、偏頭痛が起こってしまっては中々体を動かす事が出来ない程辛い為、どうにかして治したいですよね。

 

そこで自分で偏頭痛を治す、いくつかの対策方法をお伝えします。

 

ここで注意しなくてはいけないのが、偏頭痛は頭の血管が拡張し、炎症が起こる事で痛みが生じるということです。

 

その為、患部を温めたり、マッサージを行うなどして刺激を与えてしまっては治るどころか逆効果になってしまいます。

 

シャワーや入浴は血管を更に拡張させてしまうので、避けるようにしましょう。

 

どうしてもお風呂に入らなくてはいけない場合は、ぬるめのお湯で、ササっと簡単にシャワーで済ませるようにしてください。

 

急な偏頭痛に襲われた際は、ズキンズキンと脈を打つ部分を冷やして、血流の広がりを抑制させます。

 

冷たいタオルや飲み物などでこめかみを押さえながら、横になるなどして安静にするといいです。

 

いつも以上に音や光に敏感になるため、できれば部屋を暗くして、静かな場所で休むようにしてください。

 

横になる場所が無い場合は、座ったままで大丈夫なので、出来るだけ頭や身体を動かさないようにしましょう。

 

また、飲み物でカフェインを含んだコーヒーや緑茶、紅茶、ウーロン茶などを飲んでから休息するのもいいです。

 

カフェインは脳の血管を収縮させる作用があるからです。

 

しかし、飲みすぎはよくありません。

 

過剰摂取は逆に頭痛を起こしてしまいかねないので、注意してください。

 

偏頭痛のピークは1~2時間程と言われているので、可能であればひと眠りすることをおすすめします。

 

しっかり休息すれば、拡張した血管ももとに戻るので、それまでの痛みが嘘のように引いていきます。

 

寝すぎてしまうと、更に頭痛を酷くしてしまうので、あくまでも1~2時間程度にしておきましょう。

 

紹介した偏頭痛の改善方法は、発症してからすぐに行えるものなので、是非試してみて下さい。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?