特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

偏頭痛 肩こり

「何だか肩が凝っている気がするな」と思っていたら、ズキンズキンと激しい頭痛が襲ってきたことはありませんか。

 

今考えてみると、偏頭痛が起こる直前にはいつも肩が凝っていたかもしれない、という方も多いのではないでしょうか。

 

実は肩こりは偏頭痛の前兆の一つなんです。

 

そして、肩こりと偏頭痛には深い関係があると言えるのです。

 

偏頭痛だけでも相当な激しい痛みであるのに、肩こりまでも同時に起こってしまったら、とても辛いですよね。

 

では肩こりと偏頭痛はどういった関係があるのかを見ていこうと思います。

 

偏頭痛は、今日多くの人が悩まさせている慢性頭痛になります。

 

その原因は、一般的に頭部の血管が拡張し、炎症が起こることで痛みが現われると言われています。

 

偏頭痛の大きな特徴は以下になります。

 

・こめかみ辺りがズキンズキンと脈を打つような激しい痛み

 

・首や肩が同時に凝る

 

・気分が悪くなり、吐き気や嘔吐が伴う

 

・頭痛が起きる前に予兆が起こる

 

・強い光や、ちょっとした音にとても敏感になる

 

偏頭痛は数ある頭痛の中でも、上記のような症状が伴う為、とても辛い頭痛なんです。

 

このような症状が慢性的に起こってしまえば、日常生活に支障が出てしまいかねません。

 

大きな特徴の中の「頭痛が起きる前に予兆が起こる」とありますが、これは生あくびや空腹かんなどがあります。

 

特に多くの方に起こる予兆として「肩こり」が上げられます。

 

実は偏頭痛の原因ははっきりとしたものが解明されていません。

 

いくつかある説の中で最も有力なのが、「三叉神経説」です。

 

偏頭痛が起こる前に、予兆として肩こりが起きやすい人は、人の身体の作りにとても関係しています。

 

人の脳は硬膜と呼ばれる膜に覆われており、その膜を三叉神経が通っています。

 

この三叉神経の末端から痛みのもとになる物質が放出され、血管の周りが炎症を起こしてしまい、血管が拡張します。

 

偏頭痛はこの時に起こるという説が「三叉神経説」です。

 

そして、脳神経の中でも最も大きい神経と言われている三叉神経は、首や肩の筋肉まで張り巡らされているのです。

 

その為、偏頭痛が起こる際に、肩や首が凝るといった症状が現われるとされています。

 

偏頭痛が起こる原因は、ストレスや疲れ、寝不足や過眠過多、デスクワークなど長時間同じ姿勢を保っているなどです。

 

これらを日頃から気をつけると共に、もし肩が凝り始めたら無理せず休息することをおすすめします。

 

偏頭痛と肩こりの同時からの「痛み」が辛すぎて、生活に支障が現われるようでしたら、一度病院を受診するといいかもしれません。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?