特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

偏頭痛 病院

偏頭痛は緊張型頭痛とともに慢性頭痛の一つで男女とも多くの人が悩まされています。

 

特に若年から中年の女性に多く見られます。

 

偏頭痛に悩む方は多いのですが、その中のおよそ70%の人が病院へ行かずに様子を見るそうです。

 

偏頭痛は頭の中の血管が拡張され、周囲の三叉神経が刺激されることで、神経ペプチドが放出されることで起こります。

 

神経ペプチドの中でも有名なのがセロトニンと言われる物質で、血管を拡張させる働きを持っているため、片頭痛発作に関係しています。

 

セロトニンは、疲労やストレスを始め、女性ホルモンバランスの変化によっても異常分泌がされてしまいます。

 

その為、偏頭痛になる割合は、男性よりも女性の方が多いのです。

 

偏頭痛の特徴は、普通の頭痛と異なり、ズキンズキンと激しい痛みがこめかみ辺りから起こります。

 

偏頭痛に悩む20%~30%の人が前兆として、肩が凝ったり、チカチカする光が見えたり、視界の中央がぼやけて見えるなどの症状が現われます。

 

症状が酷い人は、頭を動かすだけで痛みが強くなってしまうことがあるため、仕事や家事が手に付かず、寝込んでしまう場合もあります。

 

嘔吐に繋がる中枢も同じく刺激を受けるので、吐き気や嘔吐を伴う人が多いです。

 

様々な中枢が刺激を受けるので、光や音にいつも以上に敏感になるのはこのせいです。

 

偏頭痛は月に1、2回や週に1回など頻繁に起こりやすい頭痛です。

 

その為、先ほども述べたように、仕事や家事が出来なくなるなどの生活に支障が出てしまう人は、病院を受診するといいでしょう。

 

しかし、頭痛が起こった場合、医療機関のどの診療科を受診すればよいのか悩んでしまうかもしれません。

 

例えば、風邪などによる頭痛ならば一般内科を受診してもいいかと思います。

 

反対に、思い当たる原因がわからない頭痛で、何日も続いたり、頑固な頭痛に頻繁に悩まされるような慢性頭痛の場合は、一般内科では対処できない面もあります。

 

そこで、偏頭痛などの慢性頭痛の場合は、「頭痛外来」や「神経内科」、または「脳神経外科」を受診することをおすすめします。

 

頭痛外来は名前の通り、頭痛を専門に診てくれる診療科です。

 

また、神経内科や脳神経外科は、脳やその周りの血管や神経のトラブルを、診断、治療を専門としてくれる診療科です。

 

偏頭痛だからと自己判断で放っておくと、実はくも膜下出血や脳腫瘍などの生命に関わる病気が隠れているかもしれません。

 

そうなっては大変なので、是非これらの診療科を受診してみてください。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?