特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

エキセドリンA錠の配合成分・効果効能・副作用

 

偏頭痛による頭痛解消の「エキセドリンA錠」のご紹介です。

 

エキセドリンA錠はライオンさんから販売されているお薬です。

 

辛い痛みに速く効く解熱鎮痛薬です。

 

主な成分は、アセチルサリチル酸、アセトアミノフェン、無水カフェインの3つです。

 

各成分の働きを説明します。

 

まず、アセチルサリチル酸です。

 

アセチルサリチル酸には痛みのもとになっている、プロスタグランジンの生成を抑制する働きをもっています。

 

プロスタグランジンは悪い物の様に思われてしまいますが、私達人間が生きていく中でとても大切な物質です。

 

プロスタグランジンの働きとしては、体の様々な機能の調節を行ってくれています。

 

体の中で痛みを検知して、脳に痛みを知らせてくれます。

 

痛みを知らせてくれるということは、その部分が悪いよ!と脳に知らせてくれているわけなので重要な働きと言えます。

 

しかし、このプロスタグランジンが過剰に分泌してしまうと、酷い頭痛や吐き気、発熱などの症状が出てしまうのです。

 

そこで、アセチルサリチル酸が過剰に分泌してしまったプロスタグランジンの生成を抑制することで、痛みを緩和してくれるというわけです。

 

これと同様にアセトアミノフェンもプロスタグランジンの生成を抑制する働きをします。

 

アセチルサリチル酸と違う点は効き目が穏やかに作用する解熱鎮痛薬ということです。

 

その為、赤ちゃんや小さな子どもにも使用されています。

 

ただ、腫れなどの炎症をとる作用は弱いので強い炎症を伴う痛みにはあまり効果は得られない点もあります。

 

赤ちゃんや子どもにも使用される程、副作用の少ない安全性の高いお薬です。

 

アレルギー反応を起こす事も少なく、重篤な副作用もほとんど出ないというメリットがあります。

 

そして、アセチルサリチル酸とアセトアミノフェンの働きを助ける役割があるのが無水カフェインです。

 

無水カフェインは殆どの栄養ドリンクに含まれている成分です。

 

コーヒーなどに含まれるカフェインと殆ど変らないのですが、一つ言えるのは水分を含んでいないカフェインということです。

 

主な作用は脳を覚醒させる作用です。

 

眠気や体のだるさといった症状に効果的に作用します。

 

エキセドリンA錠は頭痛を解消するお薬でありますが、その反面副作用もあります。

 

軽度な副作用は、発疹、発赤、痒み、吐き気、嘔吐、食欲不振、めまいがあげられます。

 

重篤なもになると、アナフィラキシー、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、肝機能障害、喘息があります。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?