特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

イブクイック頭痛薬の配合成分・効果効能・副作用

 

辛い頭痛に悩まされ、横になりたいけど仕事などで休めない人は早く頭痛を解消したいですよね。

 

そんな方には「イブクイッ頭痛薬ク」がおすすめです。

 

イブクイック頭痛薬の大きな特徴は、なんといっても頭痛に速く効くことです。

 

何故頭痛を速効で解消出来るのか、その秘密をお話します。

 

まず、有効成分のイブプロフェンを配合しています。

 

イブプロフェンは発熱や頭痛などの体のあらゆる痛みを一時的に緩和してくれる成分です。

 

発熱や体の痛みの原因になっているものがプロスタグランジンです。

 

プロスタグランジンとは、私達の体の中の様々な組織や器官に存在しており、ホルモンの一種になります。

 

主に血圧低下作用や筋肉の収縮作用、黄体退行作用、血液拡張作用などの働きをしています。

 

特に女性は生理周期に合わせて体内でプロスタグランジンが分泌されます。

 

子宮収縮を促して経血をスムーズに体外に出す役割を果たしているので、生理の際は必要不可欠なホルモンといえます。

 

このプロスタグランジンは生理前に分泌量が増加します。

 

しかし、プロスタグランジンは痛みを感じやすくさせる作用と炎症を引き起こす作用も持っている為、過剰分泌されると酷い頭痛生理痛、腰痛などの症状が現われてしまいます。

 

生理前や生理中に酷い頭痛や生理痛に悩ませる原因はここにあるのです。

 

イブプロフェンは、これらの原因であるプロスタグランジンの過剰分泌を抑制する働きがあります。

 

だから頭痛を緩和してくれるんですよね。

 

イブクイック頭痛薬はそこに「酸化マグネシウム」を配合しており、この成分が頭痛に速く効くカギを握っています。

 

酸化マグネシウムを摂取すると、胃の中の胃酸を中和する制酸作用を持っています。

 

イブプロフェンは胃酸内の強酸性では溶けにくく吸収されにくいという性質を持っています。

 

だから、酸化マグネシウムを一緒に摂取する事でイブプロフェンの吸収を速め、且つ胃の粘膜を保護して荒れる事を防いでくれるのです。

 

この他にも、アリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを含んでいます。

 

アリルイソプロピルアセチル尿素は脳の興奮を抑制し、痛みの感覚を鈍くさせる鎮痛成分です。

 

イブプロフェンと一緒に摂取することで、イブプロフェンの鎮痛作用を高める働きがあります。

 

無水カフェインもイブプロフェンの鎮痛作用を高める働きがあります。

 

無水カフェインは、コーヒーなどに含まれるカフェインと同じで、脳を興奮状態や覚醒状態にする働きがあります。

 

イブクイック頭痛薬の副作用は軽度なもので、発疹、痒み、吐き気、嘔吐、食欲不振、胃痛、胸やけ、下痢などがあげられます。

 

重篤のものになると、アナフィラキシー、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、肝機能障害、腎障害、無菌性髄膜炎、喘息などがあります。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?