特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

バファリンルナiの配合成分・効果効能・副作用

 

ライオンの「バファリンルナi」のご紹介です。

 

特徴はパッケージから見て女性に嬉しい処方になっている解熱鎮痛薬です。

 

バファリンルナiの主な成分はイブプロフェン、アセトアミノフェン、無水カフェイン、乾燥水酸化アルミニウムゲルの4つです。

 

イブプロフェンとアセトアミノフェンの2点が痛みをブロックしてくれる仕組みになっています。

 

イブプロフェンは、解熱鎮痛薬として配合される成分の一つになります。

 

痛みや発熱の原因物質であるプロスタグランジンの生成を抑制する働きがあります。

 

これにより「痛みのもと」が抑制され、解熱鎮痛効果を発揮し、熱を下げて痛みを和らげてくれます。

 

解熱鎮痛効果の他にも抗炎症作用も備わっています。

 

アセトアミノフェンは、100年以上の歴史のあるお薬で、多くの方に用いられてきた実績のあるお薬です。

 

アセトアミノフェンはイブプロフェンと作用は似ており、熱を下げたり、痛みを和らげる効果がある成分です。

 

作用は穏やかに効きますが、痛みの感受性を脳に伝達する事を低下させます。

 

これにより、「痛みの伝達」が抑制されます。

 

アセトアミノフェンの安全性の証明として、座薬やシロップとして赤ちゃんや子どもにも使用されています。

 

また、アセトアミノフェンの最大の特徴として、胃に対して負担が少ない点があげられます。

 

反対にイブプロフェンは胃が荒れてしまうおそれがあります。

 

そこでバファリンルナiには乾燥水酸化アルミニウムゲルが配合されています。

 

乾燥水酸化アルミニウムゲルは、胃炎や胃潰瘍を発症した際に用いられる制酸薬です。

 

胃酸をゆっくり中和させ、胃の粘膜を保護する働きがあります。

 

解熱鎮痛薬には胃の荒れを防止する目的で配合されることがある成分です。

 

無水カフェインは中枢神経を刺激し、脳を興奮状態にさせ、眠気覚ましや疲労回復に効果をもたらします。

 

血管拡張性や脳圧亢進性による頭痛の改善にも効果的です。

 

他の鎮静薬と一緒に摂取すると、その効果を手助けする働きがあります。

 

その為、イブプロフェンとアセトアミノフェンの効果を向上させる役割を果たしてくれます。

 

バファリンルナiで考えられる副作用は、発疹、発赤、かゆみ、吐き気、嘔吐、食欲不振、胃痛、腹痛、下痢、めまい、動悸、息切れ、出血が止まりにくいなどです。

 

重篤な副作用ですと、アナフィラキシー、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、急性汎発性発疹性膿疱症、肝機能障害、腎障害、ぜんそく、無菌性髄膜炎などです。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?