特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

バイエルアスピリンの配合成分・効果効能・副作用

 

佐藤製薬の「バイエルアスピリン」のご紹介です。

 

アスピリンの歴史は古く、1897年8月にバイエルの一人の科学者、フェリックス・ホフマンによって開発されたものです。

 

アスピリンの源流をたどるともっと古く、紀元前まで遡ることができます。

 

およそ紀元前400年頃、ヒポクラテスはヤナギの樹皮を熱や痛みを軽減するために用いていたと記されています。

 

アスピリンのはじまりは、このヤナギになるのです。

 

アスピリンが開発されてからは瞬く間に世界に広がり、今では解熱鎮痛薬の代名詞として多くの人に愛用されています。

 

1950年には世界の鎮痛薬ベストセラーとしてギネスブックに掲載されました。

 

生産量はおよそ5トンにもなり、錠剤で換算するとおよそ1,000億錠分になるというから驚きです。

 

1969年7月12日には、アームストロング船長の人類初の月面着陸で世界中の人々を賑わせました。

 

実はこの時、アポロ11号の救急箱にアスピリンが搭載されていたそうです。

 

宇宙飛行士は、気圧の変化からくる頭痛や筋肉痛に悩まされるのですが、この悩みに効果を発揮したのです。

 

アスピリンは、名前に「ピリン」が付くので、ピリン系のお薬と誤解されやすいです。

 

ピリン系のお薬は「ピリン疹」と呼ばれるアレルギーを発症する原因になっています。

 

しかし、アスピリンはピリン構造を持っていない非ピリン系のお薬なので、こういったアレルギーの副作用の心配はありません。

 

アスピリンの効果は、炎症を鎮めて腫れや発赤などの症状を和らげる作用と熱を下げる作用があります。

 

炎症や発熱の原因とされているプロスタグランジンという物質の生成を抑制してくれるので、痛みのもとをブロックしてくれます。

 

また、抗炎症作用に加えて血液を固まりにくくする作用もあるので、血管内で血液が固まる事を防いでくれる働きもします。

 

アスピリンの副作用は、発疹、発赤、かゆみ、青あざが出る、吐き気、嘔吐、食欲不振、胃もたれ、胃痛、腹痛、下痢、血便、めまい、鼻血、出血が止まりにくいといった症状が現われます。

 

重篤な副作用になると、アナフィラキシー、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、肝機能障害、ぜんそく、再生不良性貧血があげられます。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?

 

ズキラックの特徴

フィーバーフュー・マグネシウムをはじめとする8種類の成分を配合したサプリ。大豆イソフラボンとチェストベリーエキスが配合されており、女性ホルモンのバランスを整える働きも期待できます。さらに、桂皮・シナモン・冬虫夏草の3種類の漢方成分が、体質改善をサポート。血栓を予防する働きのあるフランス海岸松エキスも配合されており、偏頭痛のみならず緊張型頭痛にもしっかりとアプローチしてくれます。頭痛だけでなく、PMS(月経前症候群)対策や月経困難症(生理痛)にも最適。初回の注文なら1日当たりたったの99円という圧倒的にリーズナブルなお値段も魅力です。

価格 2,980円
評価 評価5
返金保証 有(10日間)
 
 

ずきしらずの実の特徴

フィーバーフュー・にがり(マグネシウム)・オオイタドリなど天然成分にこだわったサプリ。オオイタドリは「大痛取」という字の通り、優れた鎮痛・抗炎症作用を持つ植物。関節痛のお薬やサプリなどにも配合されています。また、オオイタドリに含まれているレスベラトロールは脳の血流を促進し認知症予防にも良いと言われています。使用者の90%が違いを実感しており、信頼できるサプリメントです。

価格 3,300円
評価 評価4.5
返金保証 有(25日間)
 
 

ズキガードの特徴

フィーバーフューとマグネシウムを豊富に含んだドロマイトを配合したサプリ。フィーバーフューとマグネシウムに特化したシンプルな成分配合です。シンプルな成分配合ながら、痛みの緩和成分パルテノライドを0.7%と高配合。また、偏頭痛の緩和に効果的と言われる青リンゴの香りのする、珍しいサプリです。

価格 3,400円
評価 評価4
返金保証