特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

アンチピリンの配合成分・効果効能・副作用

 

偏頭痛に効果的な「アンチピリン」のご紹介です。

 

アンチピリンは、名前に「ピリン」とつくように、ピリン系のお薬になります。

 

最初に開発されたピリン系のお薬です。

 

非ステロイド性抗炎症薬という種類の一つで、抗炎症作用や鎮痛作用、解熱作用、抗血小板作用を持ちます。

 

抗炎症作用では、のどから来る風邪の治療の際に用いられる為、市販の風邪薬に配合されることがあります。

 

発熱の際は熱を下げる効果があり、頭痛、リウマチ、歯痛、外傷、術後痛などの痛みの緩和にも効果のあるものです。

 

偏頭痛の原因とメカニズムはまだはっきりとは解明されていません。

 

今の段階で考えられている事は、頭蓋骨の血管のが拡張することにより、その周りが炎症を起こし、頭痛が発生します。

 

ストレスや疲労によっても偏頭痛は起こるとされていますが、男性よりも女性の発症の方が遥かに上回る為、女性ホルモンが関与しているのではとも言われています。

 

偏頭痛の症状としては、ズキンズキンと脈を打つような強い痛みで、光や音に敏感になりやすい傾向があります。

 

中にが吐き気や嘔吐をしてしまう人もいます。

 

偏頭痛の症状が現われた後に、頭や体を動かしてしまうと、頭に響いて更に症状が悪化する場合があります。

 

その為、ベッドから起き上がれず、仕事や学校を休む事になってしまうことも多いです。

 

一部の方に見られる前兆として、視野の中にチカチカとした光が現われることがあります。

 

発症頻度も月1~2回程で、生活に支障が出てしまう方もいらっしゃいます。

 

そんな偏頭痛の痛みを緩和してくれるのがアンチピリンです。

 

アンチピリンの作用は、痛みの物質である「プロスタグランジン」に直接効くということです。

 

炎症が起こるとそこにプロスタグランジンが発生し、痛みとして脳に伝わります。

 

このプロスタグランジンの発生を抑制する事が出来れば、酷い頭痛も緩和することになります。

 

アンチピリンは、プロスタグランジンの生成に関わるシクロオキシゲナーゼを阻害し、プロスタグランジンの生成を抑制する働きがあります。

 

その為、効果も強く、期待の出来るものになっています。

 

しかし、胃の粘膜を保護する働きのあるプロスタグランジンの生成までも抑制してしまうので、胃腸障害を伴う場合もあります。

 

他の副作用は、血液障害や重度の腎障害、倦怠感、「ピリン疹」と呼ばれるアレルギー反応があります。

 

お薬を服用した際に、アレルギー反応を起こした経験のある方は注意が必要なお薬になっています。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?