特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

無水カフェインの配合成分・効果効能・副作用

 

偏頭痛に効果的な「無水カフェイン」のご紹介です。

 

無水カフェインと聞くとあまり実感はないかと思いますが、作用はカフェインとあまり変わりはありません。

 

身近なものですと、コーヒーなどに含まれるカフェインが有名かと思います。

 

仕事の休憩に眠気覚ましとしてコーヒーを飲まれる方も多いのではないでしょうか。

 

カフェインの含むコーヒーは覚醒作用があるので、仕事の一息にはもってこいのドリンクかと思います。

 

カフェインは自然状態では、水分子と一緒になっているのです。

 

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインはこれに当たります。

 

水分子と混ざりあうことによって、摂取が簡単になっているため、手軽に体内に取り入れることが可能になっています。

 

昔からカフェインは人間にとって有用な効果があるとされてきました。

 

水分子を取り除き、無水カフェインを精製することができるようになったのは最近の話になります。

 

無水カフェインは医薬品として錠剤などに使用されるようになってきました。

 

錠剤として服用される無水カフェインは、脳を興奮状態にし、覚醒作用などがあるため、眠気覚ましや疲労回復に使用されてきました。

 

栄養ドリンクにも無水カフェインが含まれる事が多いです。

 

また、無水カフェインは市販の頭痛薬に多く含まれている成分です。

 

無水カフェインを含む市販薬は以下になります。

 

・イブA錠、イブA錠EX、イブクイック頭痛薬

 

・エキセドリンA錠

 

・ケロリン

 

・新セデス錠、セデスハイ

 

・ナロンエース

 

・バファリンプレミアム、バファリンルナi

 

などがあげられます。

 

偏頭痛の原因は、何らかの原因によって脳血管が拡張し、神経が圧迫されることによって頭痛が起こると考えられています。

 

無水カフェインは血管を収縮させる作用がある為、頭痛を軽減させることが可能になっています。

 

市販の頭痛薬に多く含まれるのは、頭痛改善目的もありますが、一緒に配合される鎮痛成分の効果を高める働きを目的として配合されています。

 

無水カフェインを服用するにあたり、胃潰瘍、心臓病、緑内障の疾患を抱えている方は慎重に使用しなくてはいけません。

 

飲みあわせでの注意すべき点は、喘息のお薬として使用されているテオフィリンと併用することにより、副作用が出やすくなる傾向があります。

 

無水カフェインの副作用は以下になります。

 

・手の震え、動悸、頻脈、不整脈、不眠、不安、瞳孔散大、吐き気

 

適量を守り、少量の服用であれは副作用はほどんどありません。

 

興奮状態にする作用がある為、酷い頭痛でない限りは、就寝前などの夜遅くの服用は避けるようにしてください。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?