特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

アセトアミノフェンの配合成分・効果効能・副作用

 

偏頭痛に効果的な「アセトアミノフェン」についてご紹介します。

 

アセトアミノフェンは、小児から大人まで幅広く用いられる代表的な解熱鎮痛成分です。

 

脳にある体温調節中枢に作用すると、熱を下げる働きをします。

 

痛覚中枢に作用すると、神経興奮を抑制するので、鎮痛効果が期待できます。

 

アセトアミノフェンは実績が高く、安全性の高い成分とされています。

 

医師の相談のもと服用しなくてはいけないのですが、妊婦さんの解熱鎮痛にも使用される事があります。

 

しかし、抗炎症作用があまりないので、リウマチなどの強い炎症を伴う痛みには効果が発揮されません。

 

日本の病院では解熱薬として用いられることが多く、熱や頭痛を伴う風邪やインフルエンザの際に処方されます。

 

頭痛の際に用いられる事の多い成分ではありますが、比較的軽度な頭痛にしか効果がないので、中度以上の頭痛に対しては効果が薄いかもしれません。

 

効果をあまり得られなかったからといって、自分の判断で服用量を増量するのはいけません。

 

個人差はありますが、アセトアミノフェンの効果発現の時間は、服用からおよそ15分から60分程になります。

 

持続時間はおよそ2時間~6時間程度になっています。

 

アセトアミノフェンを含む市販薬はいくつかあります。

 

アセトアミノフェンは、お薬の成分の代表的な処方箋の薬名として「カロナール」があります。

 

アセトアミノフェンとカロナールはほぼ同一になります。

 

アセトアミノフェンのみを成分としているお薬は、「タイレノールA」と「ラックル」があります。

 

小児用ではありますが、「小児用バファリンチュアブル」もあります。

 

ACE処方(アセトアミノフェン・カフェイン・エテンザミド)のお薬は、「ノーシン」、「ハッキリエースa」、「新リングル」などがあります。

 

AAC処方(アセトアミノフェン・アスピリン・カフェイン)のお薬は、「バファリンプラス」、「エキセドリンA錠」などがあります。

 

市販薬の場合、自分にあったお薬はどれなのか薬剤師さんに相談するのもよいでしょう。

 

アセトアミノフェンの副作用は以下になります。

 

・ショック、アナフィラキシー

 

・中毒性表皮壊死融解症

 

・喘息発作

 

・肝機能障害、黄疸

 

・顆粒球減少症

 

・間質性肺炎

 

・腎障害

 

・チアノーゼ

 

・血小板減少

 

・吐き気、嘔吐、食欲不振、腹痛、下痢

 

・発疹、蕁麻疹

 

副作用の例をあげましたが、アセトアミノフェン自体は副作用が現われる事は少なく、重い副作用ほ殆どありません。

 

しかし、必要以上の服用をしてしまうと、腹痛を起こしたり、下痢を起こし、肝臓の調子が悪くなるので注意が必要です。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?