特集その1:実際に試した偏頭痛サプリで私の実感度第1位は漢方生薬研究所 ズキラック

偏頭痛の人は脳梗塞になりやすいって本当?

 

天気が悪いと頭が痛くなる「低気圧偏頭痛」。
生理前になると激しい頭痛が何日も続く「月経関連偏頭痛」。
偏頭痛にも様々なパターンがありますが「体質だから仕方が無い」「お薬を飲めば治るから」と諦めていませんか。
偏頭痛は脳の血管で炎症が起こっており、そのたびに脳の血管が損傷を受けているのだとか。
そのため、偏頭痛体質の人は将来、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞や認知症を発症するリスクが、偏頭痛でない人に比べると高いという指摘もあります。
偏頭痛は脳の血管が拡張し、炎症を起こすことが原因。
血管が拡張することで、脳の三叉神経に刺激が伝わり、痛みや吐き気、めまいといった症状として現れるそうです。

 

 

 

脳の血管が拡張する原因の一つに、セロトニンの過剰分泌が指摘されています。
セロトニンには血管を収縮させる働きがあるとのこと。
「血管の拡張が偏頭痛の原因なら、血管を収縮させるセロトニンは問題ないのでは?」という疑問が湧いてきます。
ストレスを感じた脳はセロトニンを大量に分泌し、一時的に血管を収縮させるのだそうです。
しかし、セロトニンは脳内で大量に生産される物質では無いため、一度に放出すると不足してしまうのだとか。
その結果、セロトニンが不足し、収縮していた血管が一気に広がる、というのが偏頭痛のメカニズムのようです。

 

 

 

また、女性の場合、セロトニンは女性ホルモンと密接な関係があると指摘されています。
女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が増加すると、セロトニンの分泌量も増えるとのこと。
しかし、ホルモンバランスが乱れることにより、セロトニンが過剰に分泌されたり、不足したりしてしまうんですね。
女性の場合は、ホルモンバランスを整えることも偏頭痛を解消する大きなカギと言えます。
ちなみに、一般的な頭痛薬は痛みをブロックするのが主な役割。
血管の拡張を収縮させる働きは無いため、偏頭痛の改善には効果が低いと言われています。

 

 

頭痛薬の飲みすぎで頭痛が悪化する?

 

頭痛というと、風邪に続く仮病の代名詞、というイメージがある人も多いのでは。
家族や上司が頭痛体質でないと、なかなかそのツラさを理解してもらえず、「サボりたいだけじゃないの?」と訝しがられることも。
その結果、「あ、今日頭痛になるかも」と些細な痛みでも、つい頭痛薬に手が伸びてしまいます。
実は、頻繁に頭痛薬に頼ることで、痛みに敏感な体質になってしまうのだとか。

 

本来であれば、我慢できる痛みでも安易に薬に頼っていると、我慢できない痛みになってしまうんだそうです。
その結果、頭痛薬が手離せない「薬物乱用頭痛」が、近年問題視されているとのこと。
薬物乱用頭痛は別名リバウンド頭痛とも呼ばれており、痛みが慢性化し、薬に頼らなければ非常に激しい痛みに襲われるというもの。
1カ月に10日以上頭痛薬を飲むという状態が、3カ月以上続いているようであれば、薬物乱用頭痛の可能性があるそうです。

 

 

 

さらに、頭痛薬は胃や腎臓への負担が大きいと言われています。
頭痛薬の多くが「食後に服用」とされているのは、胃への負担を軽減するためなんだそうです。
病院でもらうお薬には必ず胃薬が付いていますよね。
しかし、薬局で購入した頭痛薬を飲む際に、胃薬を併せて飲むという人はほとんどいないのではないでしょうか。
日常的に頭痛薬を服用し続けていると、胃がんや腎障害のリスクが高まるという指摘もあります。
頭痛薬のリスクを知った上で、正しくお薬に頼り、尚且つ頭痛薬に頼らなくても良い体質改善が大切だと言えそうです。

 

 

偏頭痛を和らげるカギはセロトニンのコントロール

 

偏頭痛の原因はセロトニンの過剰分泌による脳の血管の縮小拡張。
セロトニン自体は決して悪いものでは無く、「幸せホルモン」とも呼ばれており、質の高い睡眠や精神の安定に欠かせないホルモン。
このセロトニンの供給をコントロールすることが偏頭痛解消のカギとも言えます。
セロトニンの過剰分泌を抑制する働きがあると言われているのが、フィーバーフュー。
古代ギリシャの時代から抗炎症剤として使用されてきたハーブの一種です。

 

さらに、フィーバーフューにはパルテノライドと呼ばれる成分が含まれています。
パルテノライドは痛みの原因物質であるプロスタグランジンを抑制する働きもあるのだとか。
頭痛の痛みを緩和しつつ、頭痛の原因であるセロトニンをコントロールしてくれる理想的な成分とも言えます。
また、女性の場合は、ホルモンバランスの乱れも頭痛の大きな原因。
近年、頭痛をはじめとするPMS(月経前症候群)の原因はエストロゲンの過剰分泌ではないか、と言われています。

 

 

 

本来、プロゲステロンが優位に働く生理前に、エストロゲンが過剰に分泌されることで、亜鉛やマグネシウム、ビタミンB6が不足してしまうのだとか。
亜鉛やマグネシウムはセロトニンを合成する際に必要なミネラル。
特に偏頭痛の発作が起きている状態では脳のマグネシウム濃度が通常の濃度よりも低いことが確認されているそう。
マグネシウムにはセロトニンの合成に加えて、血液の凝固を防ぐ働きもあります。
マグネシウムが不足することで、小さな血栓が発生し、脳の毛細血管に詰まることで偏頭痛が起こるのだとか。
実際、ほとんどの頭痛薬には、マグネシウムが配合されています。
日本人は年齢性別に関わらず、慢性的にミネラルが不足しているそうです。
日ごろから、ミネラルを意識した食事を食べたり、ミネラルウォーターを飲むように心がけるだけでも違ってくるかもしれません。

 

 

偏頭痛の緩和におすすめサプリは?

 

ズキラックの特徴

フィーバーフュー・マグネシウムをはじめとする8種類の成分を配合したサプリ。大豆イソフラボンとチェストベリーエキスが配合されており、女性ホルモンのバランスを整える働きも期待できます。さらに、桂皮・シナモン・冬虫夏草の3種類の漢方成分が、体質改善をサポート。血栓を予防する働きのあるフランス海岸松エキスも配合されており、偏頭痛のみならず緊張型頭痛にもしっかりとアプローチしてくれます。頭痛だけでなく、PMS(月経前症候群)対策や月経困難症(生理痛)にも最適。初回の注文なら1日当たりたったの33円という圧倒的にリーズナブルなお値段も魅力です。

価格 980円
評価 評価5
返金保証 有(10日間)
 
 

ずきしらずの実の特徴

フィーバーフュー・にがり(マグネシウム)・オオイタドリなど天然成分にこだわったサプリ。オオイタドリは「大痛取」という字の通り、優れた鎮痛・抗炎症作用を持つ植物。関節痛のお薬やサプリなどにも配合されています。また、オオイタドリに含まれているレスベラトロールは脳の血流を促進し認知症予防にも良いと言われています。使用者の90%が違いを実感しており、信頼できるサプリメントです。

価格 3,300円
評価 評価4.5
返金保証 有(25日間)
 
 

ズキガードの特徴

フィーバーフューとマグネシウムを豊富に含んだドロマイトを配合したサプリ。フィーバーフューとマグネシウムに特化したシンプルな成分配合です。シンプルな成分配合ながら、痛みの緩和成分パルテノライドを0.7%と高配合。また、偏頭痛の緩和に効果的と言われる青リンゴの香りのする、珍しいサプリです。

価格 3,400円
評価 評価4
返金保証